> > 伊藤忠、半固体リチウムイオン電池開発の米企業に出資 持分法適用会社に

伊藤忠、半固体リチウムイオン電池開発の米企業に出資 持分法適用会社に

24M社の半固体電池
(出所:伊藤忠商事)

伊藤忠商事(東京都港区)は、半固体リチウムイオン電池の研究・開発を行う24M社(米国マサチューセッツ州)のシリーズEラウンドにおけるリード投資家として、他の投資家も含めた出資ラウンドを取りまとめ、第三者割当増資を引き受けたと発表した。24M社を同社の持分法適用会社とし、次世代リチウムイオン電池のグローバル製造・開発事業を共同推進する。

24M社は、安全性、エネルギー密度、リサイクル特性、製造コストなどで、現行のリチウムイオン電池を上回るといわれる半固体電池の研究・開発企業。伊藤忠商事によれば、24M社は、現行リチウムイオン電池の製造工程を大きく改良、簡略化した独自プロセスを確立し、多数の技術特許を取得しているという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 75 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.