東京都、水素燃料ボイラーを低NOx・低CO2小規模燃焼機器に認定 全国初

  • 印刷
  • 共有
水素燃料ボイラー(出所:東京都)
水素燃料ボイラー(出所:東京都)

東京都は5月27日、窒素酸化物(NOx)と二酸化炭素(CO2)の排出が少ない小規模燃焼機器を認定する「東京都低NOx・低CO2小規模燃焼機器認定制度」に基づき、全国の自治体で初めて、水素燃料を使用する蒸気ボイラーを認定したと発表した。

5月21日に開催された認定審査等を行う諮問委員会において、三浦工業(愛媛県松山市)が申請した「水素燃料貫流ボイラ」(型式:SI-2000AS-H2A、種別:蒸気ボイラー/水素燃料)を、新たな認定区分(グレードH)として認定した。認定を受けた事業者は、認定証票を製品に貼って販売を行うことができる。水素燃料ボイラーの認定基準は、NOx排出濃度が50ppm以下、効率は水素燃焼時に、CO2が排出されないため、基準は設けない。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報