> > 三菱重工ら、港湾のCO2排出削減へフォークリフト燃料電池化等に着手

三菱重工ら、港湾のCO2排出削減へフォークリフト燃料電池化等に着手

(出所:三菱重工)

三菱重工業(東京都千代田区)は5月27日、港湾におけるCO2排出量削減へ向けて、将来的なゼロカーボン実現を視野に入れた荷役機器の新モデル開発や、既存機器の水素燃料電池化などの取り組みを開始すると発表した。三菱重工グループが掲げるエナジートランジション(低環境負荷エネルギーへの転換)の一環として、グループの物流機器メーカーである三菱ロジスネクスト(京都府長岡京市)とともに取り組む。

第一弾として、2022年秋ごろの発売を目指し、温室効果ガスの排出量削減と燃費改善を実現するタイヤ式門型クレーン(RTG:Rubber Tired Gantry crane)の新モデル開発に着手した。さらに、港湾において多くの機種が使用されるフォークリフトについても燃料電池化を検討する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.