> > 商船三井、液化CO2輸出インフラ・水素生産PJをリトアニアで共同検討

商船三井、液化CO2輸出インフラ・水素生産PJをリトアニアで共同検討

KN社ターミナル所在地(出所:商船三井)

商船三井(東京都港区)とラルビック・シッピング社(LS社/ノルウェー)は5月27日、リトアニア国営のターミナル運営会社クライペドス・ナフタ社(KN社)と、リトアニアのクライペダ港に位置する、KN社保有・運営ターミナルにおける、液化CO2輸出インフラストラクチャ開発と水素生産プロジェクト事業性の共同検討に関する覚書を締結したと発表した。

3社はCCUS(二酸化炭素回収・有効利用・貯留)事業が低・脱炭素化社会を実現する手法の一つとして注目されていることを認識し、リトアニアと潜在的には広くバルト海沿岸諸国に由来する液化CO2を、クライペダ港から海上輸出するロジスティクスとバリューチェーンの構築を検討する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.