> > 三菱地所など、埼玉でバイオマス発電事業に参入 約2MW・街路樹の剪定枝で

三菱地所など、埼玉でバイオマス発電事業に参入 約2MW・街路樹の剪定枝で

画像はイメージです

三菱地所(東京都千代田区)、静岡ガス&パワー(静岡県富士市)、プロスペックAZ(愛知県名古屋市)は5月31日、3社共同で合弁会社を設立し、廃棄・焼却処分されている街路樹の剪定枝等を活用したバイオマス発電事業に参入すると発表した。埼玉県東松山市にバイオマス発電所(発電容量1990kW)を開発する。同発電所は10月に着工、2023年3月より運転を開始する予定。

このバイオマス発電事業では、都市の廃棄物である街路樹や公園の樹木などから発生した剪定材を燃料として再利用し、年間約1500万kWhを発電、年間約6900トンのCO2削減を見込んでいる。燃料として使用する街路樹等の剪定枝は年間約3万トン。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 80 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.