> > 東急不・東京ガスなど10社、地域の再エネ導入拡大を支援 新組織設立

東急不・東京ガスなど10社、地域の再エネ導入拡大を支援 新組織設立

画像はイメージです

東急不動産(東京都渋谷区)、東京ガス(東京都港区)、Looop(東京都台東区)など10社は6月1日、再生可能エネルギー発電所のある地域を応援し、共に発展していくことを目指す新たな組織を設立したと発表した。今後、地域と共生する再エネの導入拡大・地域活性化を目的とした事業者と地域の接点創出や、再エネ業界発展と主力電源化を目的としたナレッジ・ノウハウ共有を実現するためのプラットフォームを提供する。

新組織の名称は「一般社団法人再生可能エネルギー地域活性協会」(東京都渋谷区)。不動産事業、建設事業、再エネ事業、投資事業を展開する10社が参画する。関係省庁・地方自治体・企業・個人等さまざまなステークホルダーからの協力を得ながら、全国各地での「脱炭素ドミノ」の推進と地域活性化の実現に貢献していくとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 75 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.