東京ガス、スマートメーターでの遠隔検針を大田区で開始 首都圏から順次拡大

  • 印刷
  • 共有
クリックで拡大します
遠隔検針のしくみ(出所:東京ガス)
クリックで拡大します 遠隔検針のしくみ(出所:東京ガス)

東京ガスは5月31日、従来のガスメーターからスマートメーターへの取り換えが完了した利用者について、遠隔での検針を開始すると発表した。まずは東京大田区を対象地域に6月からスタートし順次拡大する。

スマートメーターは、通信キャリアが提供するLTE等の通信回線と、特定小電力無線(免許不要で小容量のデータを通信するために定められた周波数帯域を利用する無線装置)を使用して通信する。スマートメーターの検針値などのデータを特定小電力無線で集約したうえで、通信キャリアネットワークを通じて東京ガスのシステムと通信する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報