> > 東京ガス、スマートメーターでの遠隔検針を大田区で開始 首都圏から順次拡大

東京ガス、スマートメーターでの遠隔検針を大田区で開始 首都圏から順次拡大

クリックで拡大します
遠隔検針のしくみ(出所:東京ガス)

東京ガスは5月31日、従来のガスメーターからスマートメーターへの取り換えが完了した利用者について、遠隔での検針を開始すると発表した。まずは東京大田区を対象地域に6月からスタートし順次拡大する。

スマートメーターは、通信キャリアが提供するLTE等の通信回線と、特定小電力無線(免許不要で小容量のデータを通信するために定められた周波数帯域を利用する無線装置)を使用して通信する。スマートメーターの検針値などのデータを特定小電力無線で集約したうえで、通信キャリアネットワークを通じて東京ガスのシステムと通信する。

遠隔検針開始に伴い、原則として、検針員の訪問によるガスメーター検針は行わない。また、従来の検針日に対し、検針を行うタイミングが営業日で3日程度(日・祝日除く)早まるため、初めて「遠隔検針」を行う月は、使用期間が従来と比べ3日程度短くなるという。

6月から大田区、8月には東京市部・神奈川等にも拡大

遠隔の検針開始時期と対象地域は、以下の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 25 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.