> > リコー、リユース部品を平均81%使用した再生複合機の新製品発売

リコー、リユース部品を平均81%使用した再生複合機の新製品発売

環境負荷を低減したフルカラー再生複合機「RICOH MP C4504RC SPF/C3004RC SPF」(出所:リコー)

リコー(東京都大田区)は6月8日、リユース部品の活用や組み立て工程での再生可能エネルギー由来電力の使用などにより、製造工程のCO2排出量を元機と比べて約62%削減(C4504RC SPFの場合)したデジタルフルカラー再生複合機の新製品「RICOH MP C4504RC SPF/C3004RC SPF」を発売する。

顧客から使用済みの複合機「RICOH MP C4504」と「RICOH MP C3004」(2016年5月発売)を回収し、リコー環境事業開発センター(静岡県御殿場市)で、再生処理を行ったもの。同センターの持つ技術で再使用部品の選別、再生、検査を行うことで、質量比で本体標準構成(定期交換部品を除く)の平均81%にリユース部品の使用を実現したという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 55 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.