> > 日本郵船、CO2回収・貯留技術の国際シンクタンクに加盟

日本郵船、CO2回収・貯留技術の国際シンクタンクに加盟

CCSの模式図 Global CCS Instituteウェブサイトから引用
(出所:日本郵船)

日本郵船(東京都千代田区)は6月10日、二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS/Carbon dioxide Capture and Storage)技術の世界的な利用促進を図ることを目的に設立された国際的なシンクタンクGlobal CCS Institute(グローバルCCSインスティテュート/オーストラリア)に加盟すると発表した。

CCSは、CO2を発電所や化学工場などの排出源で回収し、輸送用に圧縮してから、厳選した安全な場所にある陸域や海底下などの岩層の奥深くに圧入し、永久に貯留する技術。世界中でさまざまな方法で採用され、温室効果ガスの排出削減に貢献しているという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 38 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.