> > 日本郵船、12隻のLNG燃料自動車専用船を建造 輸送単位でCO2約4割減

日本郵船、12隻のLNG燃料自動車専用船を建造 輸送単位でCO2約4割減

LNG燃料自動車専用船 Sakura Leader(出所:日本郵船)

日本郵船(東京都千代田区)6月15日、LNG(液化天然ガス)を主燃料とする自動車専用船の連続建造について、新来島どっく(東京都千代田区)と日本シップヤード(東京都千代田区)と6月上旬に覚書を締結したと発表した。建造予定隻数はそれぞれ6隻ずつの計12隻で、2025年度から2028年度にかけて順次竣工する予定だ。

今回の連続建造は、2050年までに輸送単位当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を半減させる同社の環境経営目標達成に向けた自動車専用船隊入れ替えの一環。建造される12隻は、LNG燃料化と燃費良化のための船型改良により、従来の重油焚き船に比べ輸送単位当たり約40%のCO2排出量削減が見込まれるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 48 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.