> > 東大と三菱UFG、脱炭素化の実現へ向けた「金融の役割」を研究へ

東大と三菱UFG、脱炭素化の実現へ向けた「金融の役割」を研究へ

(写真右から)城山 英明氏(東京大学 未来ビジョン研究センター長)、石井菜穂子氏(東京大学理事、グローバル・コモンズ・センター ダイレクター)、藤井 輝夫氏(東京大学 総長)、亀澤宏規氏(MUFG 代表執行役社長)、山本忠司氏 (MUFG執行役員 経営企画部長)、渡辺陽氏(MUFG サステナビリティ企画室長)(出所:MUFG)

東京大学(東京都文京区)と株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(東京都千代田区/MUFG)は6月17日、カーボンニュートラルの実現に向け連携していくことで合意したと発表した。

両者は日本の脱炭素化へのパスウェイ(経路)とその実現における金融の役割について協働して研究を行う。東京大学の学術研究や国際的な研究ネットワークと、MUFGの金融的知見を合わせることで、産業界における脱炭素化のビジョンと社会・経済システム転換の道筋を定量的かつ科学的に分析。これによりカーボンニュートラルの実現に寄与することを目的としている。なお、この研究の成果は2022年度中の公表を目標としている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.