> > 三菱ケミカル、英国企業とライセンス契約 リサイクル生成油製造技術

三菱ケミカル、英国企業とライセンス契約 リサイクル生成油製造技術

画像はイメージです

三菱ケミカル(東京都千代田区)は6月16日、英Mura Technology社との間で、廃プラスチックから化学製品や燃料油の原料を製造する技術のライセンス契約を締結したと発表した。

今回、三菱ケミカルがライセンス契約を結んだMura Technology社のリサイクル生成油製造技術は、高温高圧の超臨界水の中でプラスチックを分解し、リサイクル生成油へと再生するというもの。三菱ケミカルによると、従来の直接熱分解技術と比べ、高い収率で石油由来原料と同等の品質(既存設備へ前処理無しでの投入可能)を持つリサイクル生成油を得ることができるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 50 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.