> > 住友林業とIHI、炭素クレジット事業化などで協業

住友林業とIHI、炭素クレジット事業化などで協業

住友林業がインドネシアで管理する熱帯泥炭地の保護区(出所:住友林業)

住友林業(東京都千代田区)とIHI(同江東区)は6月18日、自然資本の価値を最大化する持続可能なビジネスの開発に向けた事業などに関して業務提携契約を締結した。

同社は今後、世界の森林において、両社の技術を導入・運用するためのコンサルティング事業として、2022年のビジネス化を目指すほか、森林や土壌における炭素蓄積量など自然資本の価値を適切に評価することによる質の高い炭素クレジットの創出や販売などで連携していくとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 75 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.