> > ITサービスのエネルギー効率指標、算定方法が国際規格に

ITサービスのエネルギー効率指標、算定方法が国際規格に

クリックで拡大します
エネルギー効率の違いを示す例(出所:経産省)

経済産業省は6月21日、ソフトウェアがIT機器を無駄なく使うという観点から、エネルギー効率を的確に評価できる国際規格「ISO/IEC 23544:2021 Information Technology – Data Centres – Application Platform Energy Effectiveness (APEE)」が発行されたと発表した。

この規格ではITサービスが提供する価値と、その提供のために使用した電力量から、エネルギー効率を算出する。具体的には、構築したアプリケーションプラットフォーム上でベンチマークとなるプログラムを実行し、得られたITサービスの価値をIT機器の消費電力量で割って、エネルギー効率とする。この算出方法に加えて、結果の信頼性を確保するために、電力の測定方法や測定結果の報告方法も規定した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.