> > 新生銀行、熊本の地熱発電所の建設資金をグリーンローンで供給 レノバら参画

新生銀行、熊本の地熱発電所の建設資金をグリーンローンで供給 レノバら参画

南阿蘇湯の谷地熱事業の噴気試験、2020年9月(出所:レノバ)

新生銀行(東京都中央区)は6月18日、レノバ(東京都中央区)らが出資する南阿蘇湯の谷地熱(熊本県南阿蘇村)に対し、地熱発電所の建設資金を資金使途とするプロジェクトファイナンスを組成し、「新生グリーンローン」として金銭消費貸借契約を締結した。

南阿蘇湯の谷地熱は、レノバ(出資比率30%)のほか、フォーカス(東京都港区、同60%)、デナジーサーマル(東京都千代田区、同10%)が共同出資。熊本県南阿蘇村に、熱交換を行わず地下からの蒸気で直接タービンを回す発電方式「フラッシュ型地熱発電所」の建設を計画している。設備容量は2MW(送電端出力ベース)、想定年間発電量は約1480万kWh/年(送電端出力ベース)で、2022年12月の運転開始を予定している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 48 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.