> > KDDIと三菱重工ら、小型データセンター実現へ実証 液体でサーバーを冷却

KDDIと三菱重工ら、小型データセンター実現へ実証 液体でサーバーを冷却

サーバー冷却装置と小型データセンター(出所:KDDI)

KDDI (東京都千代田区)と三菱重工業 (東京都千代田区)、NECネッツエスアイ(東京都文京区)は6月21日、液体でサーバーを冷却する「液浸冷却装置」をコンテナに収容した「小型データセンター」の実現を目指して、実証実験を開始したと発表した。実証期間は2021年6月21日から12月末まで。国内における2022年度の社会実装を目指す。

脱炭素化に向けて、サーバーを冷却するための消費電力を削減することを目的とするもの。実装されれば、データセンターの消費電力は約35%の削減(PUE1.7のデータセンターと比較した場合)が見込まれ、二酸化炭素の排出抑制が期待できるという。PUEとは、データセンター全体の消費電力量 (kWh) /IT機器の消費電力量 (kWh)の式で算出される、データセンターのエネルギー効率を測る一般的な指標で、値が小さいほどデータセンターのエネルギー効率が良いとされている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 67 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.