> > 伊藤忠、CO2地中貯留技術の研究開発プロジェクトへ参加

伊藤忠、CO2地中貯留技術の研究開発プロジェクトへ参加

(出所:経産省)

伊藤忠商事(東京都港区)は6月22日、伊藤忠石油開発(東京都港区)と共に、二酸化炭素地中貯留技術研究組合(技術組合/京都府木津川市)へ加入し、CO2地中貯留に関する技術の研究開発プロジェクトに参加すると発表した。この取り組みを通じてCO2回収チェーンのビジネスモデル構築を目指す。

CCSは発電所や化学工場などから排出されたCO2を分離・回収し、地中深くに貯留・圧入する技術。技術組合では、日本におけるCCSの社会実装を目指して、貯留層に適した実用化規模(100万トン/年)でのCO2地中貯留に特化した技術開発や、CCSの社会受容性の獲得を目的とした研究開発を行っている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.