伊藤忠、CO2地中貯留技術の研究開発プロジェクトへ参加

  • 印刷
  • 共有
(出所:経産省)
(出所:経産省)

伊藤忠商事(東京都港区)は6月22日、伊藤忠石油開発(東京都港区)と共に、二酸化炭素地中貯留技術研究組合(技術組合/京都府木津川市)へ加入し、CO2地中貯留に関する技術の研究開発プロジェクトに参加すると発表した。この取り組みを通じてCO2回収チェーンのビジネスモデル構築を目指す。

CCSは発電所や化学工場などから排出されたCO2を分離・回収し、地中深くに貯留・圧入する技術。技術組合では、日本におけるCCSの社会実装を目指して、貯留層に適した実用化規模(100万トン/年)でのCO2地中貯留に特化した技術開発や、CCSの社会受容性の獲得を目的とした研究開発を行っている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報