> > ヤンマーグループら7社 水素+バイオ燃料のハイブリッド船舶、商用運航検討

ヤンマーグループら7社 水素+バイオ燃料のハイブリッド船舶、商用運航検討

商用運航計画の船舶イメージ(出所:大陽日酸)

商船三井テクノトレード(東京都千代田区)、関門汽船(福岡県北九州市)、ヤンマーパワーテクノロジー(大阪府大阪市)などの7社は6月22日、水素とバイオ燃料を利用した「ハイブリッド型先進船舶」の商用運航を共同で検討すると発表した。

上記3社のほか、ヤンマーマリンインターナショナルアジア(大分県国東市)、大陽日酸(東京都品川区)、本瓦造船(広島県福山市)、東京海上日動火災保険(東京都千代田区)が参加する。プロジェクト名は「エコ・セトラプロジェクト(Eco-SeTRA :Ecology-Sea Traffic and Regional Alliances)」。国内観光船をモデルとし、既存の舶用機器に限らず様々な技術を活用して、船舶における温室効果ガス(GHG)の大幅な削減の実現を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 47 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.