> > 日本製鉄ら、排出されたCO2を活用地・貯留地まで大量輸送へ 実証事業開始

日本製鉄ら、排出されたCO2を活用地・貯留地まで大量輸送へ 実証事業開始

実証プロジェクトのイメージ

日本CCS調査(JCCS/東京都千代田区)、エンジニアリング協会(ENAA/東京都港区)、伊藤忠商事(東京都港区)、日本製鉄(東京都千代田区)は6月22日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が募集した事業に採択され、船舶によるCO2大量輸送技術確立のための研究開発と実証事業を開始すると発表した。

このNEDO事業では、2030年頃のCO2回収・有効利用・貯留(CCUS)技術の社会実装に向けて、火力発電所等から排出されたCO2を活用地・貯留地まで低コストで大量・安全に輸送するための研究開発と実証事業を実施し、世界初のCO2一貫輸送システム構築を目指している。

今回の実証プロジェクトでは、年間100万トン規模のCO2の供給地点から利用・貯留地点への長距離・大量輸送と低コスト化につながる輸送技術の研究開発を行う。また、実証試験と関連調査を通じ、液化CO2の船舶輸送技術の確立を目指す。

まず

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.