> > 東邦ガスとアイシン、工業炉バーナの水素燃焼技術に関する共同実証実験を開始

東邦ガスとアイシン、工業炉バーナの水素燃焼技術に関する共同実証実験を開始

(出所:東邦ガス)

東邦ガス(愛知県名古屋市)とアイシン(愛知県刈谷市)は6月24日、アイシン保有の工業炉バーナを対象とした、水素燃焼技術に関する共同実証実験を開始した。

両社は、2050年の脱炭素社会の実現を見据え、この実証実験において、燃焼時に二酸化炭素を排出しない水素の工業炉バーナにおける燃焼技術の知見を獲得する。東邦ガスはバーナの設計・評価を、アイシンは水素燃焼による製品への影響評価を主に担当し、2026年3月までにアイシン保有の工業炉バーナにおける実用化を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.