> > JR西、新型電気式気動車を導入 バッテリー搭載でハイブリッド方式へ変更も

JR西、新型電気式気動車を導入 バッテリー搭載でハイブリッド方式へ変更も

新型電気式気動車(DEC700)イメージ(出所:西日本旅客鉄道)

西日本旅客鉄道(JR西日本/大阪府大阪市)は6月25日、広島支社 下関総合車両所 新山口支所に、新型電気式気動車(DEC700、1両×1編成)を導入すると発表した。

車両はディーゼルエンジンと発電機で発電した電力により、モーターを駆動して走行する電気式気動車。バッテリーの搭載によるハイブリッド方式への変更も可能な構造としており、今後、ハイブリッド方式についての各種検証試験も実施予定だという。今後、試運転、性能確認試験を経て、将来に向けた各種技術検証に取り組む。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 50 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.