> > ミサワホームG、熊谷市でスマートタウン事業化に向けた検討調査を実施

ミサワホームG、熊谷市でスマートタウン事業化に向けた検討調査を実施

検討調査のイメージ(出所:ミサワホーム総合研究所)

ミサワホームグループのシンクタンクであるミサワホーム総合研究所(東京都杉並区)は6月28日、埼玉県熊谷市において、スマートタウンの事業化に向けた具体的な検討調査を実施すると発表した。

この取り組みは、埼玉県熊谷市が実施した「スマートタウン事業化検討調査業務委託」の採用によって実現するもので、今後は、国土交通省がまちづくりDXとして推進する「3D都市モデル」を活用した風環境や熱放射環境評価など、同市の環境調査を行い、スマートタウン開発に適した候補地の選定手法を提案する。

また、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.