> > 国内初、木質バイオマス・ガス化発電のCO2・熱をトマト栽培に利用 長野で

国内初、木質バイオマス・ガス化発電のCO2・熱をトマト栽培に利用 長野で

クリックで拡大します
(出所:エア・ウォーター)

エア・ウォーター(大阪市中央区)は7月1日、長野県安曇野市のトマト農園敷地内に設けた木質バイオマス発電を行う「安曇野バイオマスエネルギーセンター」で、国内初となるガス化発電方式による「トリジェネレーション事業」を開始した。

トリジェネレーション事業とは、熱源から生産される熱・電気に加え、発生するCO2も有効活用するエネルギー供給システム。同事業では未利用木材を活用した発電により地域の林業振興に貢献するとともに、発電設備から排出される熱とCO2をトマト栽培に利用することで農業コストの削減・持続可能な農業事業の促進につなげていくという。

2,000kW規模のコジェネレーションシステムが完成

028721-3

安曇野バイオマスエネルギーセンター 外観・内観(出所:エア・ウォーター)

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.