> > 日本触媒、バイオマス由来の高吸水性樹脂で国際認証取得

日本触媒、バイオマス由来の高吸水性樹脂で国際認証取得

(出所:日本触媒)

日本触媒(大阪府大阪市)は7月8日、2050年のカーボンニュートラル実現に向けて、ベルギーの子会社NIPPON SHOKUBAI EUROPE N.V.(NSE)で生産する高吸水性樹脂(SAP:Super Absorbent Polymer)について、国際持続可能性カーボン認証機関(ISCC)よりバイオマスの認証を取得したと発表した。

今回、NSE社はバイオマス由来のプロピレンからアクリル酸を生産し、さらにそのアクリル酸を使ってバイオマスSAPを生産することについて、ISCCよりISCC PLUS認証(マスバランス方式)を取得した。同社は今後、顧客のニーズに応じてバイオマスSAPを供給する体制を順次整えるとしている。
なお、同社バイオマスSAPの品質は石油由来の従来品と同等で、同素材の使用により製品ライフサイクル全体のCO2排出量削減に寄与できるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 28 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.