> > HORIBAとカリフォルニア大が、再エネ等の研究所を新設

HORIBAとカリフォルニア大が、再エネ等の研究所を新設

(出所:堀場製作所)

堀場製作所(HORIBA/京都府京都市)と米国カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)は7月12日、「HORIBAモビリティ・コネクティビティ研究所」(HIMaC2)を開設したと発表した。

HIMaC2は、UCI構内「エンジニアリング・ゲートウェイ」ビル内に設置されたもので、工学、物理科学、情報・コンピュータ科学、社会科学、ビジネス分野の専門家を集めた学際的研究の中心機関として、電気化学、再生可能エネルギー、エネルギー貯蔵、エネルギーグリッドなどの研究が行われる。同研究所は今後、HORIBAの分析・計測機器を活用し、エネルギー・環境問題で社会が直面すると考えられる課題の解決策を追求する。

同研究所が取り組む主な課題は次の3つだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.