> > JTB・東武鉄道ら、国内初の環境配慮型・観光MaaSが環境省事業に採択

JTB・東武鉄道ら、国内初の環境配慮型・観光MaaSが環境省事業に採択

クリックで拡大します
(出所:JTB)

JTB(東京都品川区)は7月8日、東武鉄道(東京都墨田区)、栃木県など6事業者と栃木県・日光地域で進める国内初の環境配慮型・観光MaaS(仮称:日光MaaS)_が、環境省の「地域の脱炭素交通モデル構築支援事業(自動車CASE活用による脱炭素型地域交通モデル構築支援事業)」に採択されたと発表した。

日光MaaSは上記3事業者のほか、JTBコミュニケーションデザイン(東京都港区)、オリックス自動車(東京都港区)、トヨタレンタリース栃木(栃木県)とコンソーシアムを組成し、2021年度内開始に向けた検討を進めている。鉄道・バスをセットにした割安なデジタルきっぷのほか、EV・PHVカーシェアリングやシェアサイクル、EVバス等の環境にやさしいモビリティと、歴史・文化施設等の拝観・入場チケット、ネイチャーアクティビティ等の観光コンテンツを、ワンストップで利用できる仕組み。スマートフォンから簡単に、検索・予約・決済ができる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 47 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.