イオン、2030年までに国内店舗の再エネ率50%に

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

イオン(千葉県千葉市)は7月8日、2030年までに、日本国内の店舗で使用する年間約71億kWh(2020年度)のうち、50%を再生可能エネルギーに切り替える新たな目標を発表した。

この目標は、地球の平均気温上昇を産業革命前と比べ1.5度未満に抑える目標に整合するもので、これにより、イオンが掲げる「店舗で排出するCO2等を2050年までに総量でゼロにする」という目標を、2040年を目途に前倒しで達成することを目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報