フォレストエナジー、島根で熱電併給の木質バイオマス発電 22年6月稼働

  • 印刷
  • 共有
発電設備「Volter 40」の設置イメージ(出所:フォレストエナジー)
発電設備「Volter 40」の設置イメージ(出所:フォレストエナジー)

フォレストエナジー(東京都品川区)は7月13日、島根県津和野町で、木質バイオマス発電事業の建設工事に着手したと発表した。事業主体は同社が代表社員を務める「津和野フォレストエナジー合同会社」(同)。同設備はコージェネレーション(熱電併給)型で、出力規模は電気が480kW、熱が1,200kW。2022年6月の稼動を予定している。

同事業の資金調達については、7月5日付けで、商工組合中央金庫(商工中金)がアレンジャーを務め、山陰合同銀行、日本海信用金庫が参加した、総額4億円のシンジケートローン契約を締結した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報