> > 太陽光発電の導入「土地安定化や排水等に適切な対応を」 JPEAが注意喚起

太陽光発電の導入「土地安定化や排水等に適切な対応を」 JPEAが注意喚起

画像はイメージです

太陽光発電協会(JPEA/東京都港区)は7月12日、太陽光発電事業による環境への影響事例が増加・顕在化している状況を踏まえ、太陽光発電システムの導入(計画・設計・運営・保守)に当たり、改めて、土地安定化や排水等への留意事項に適切に対応するよう求める文書を発出した。

文書では、導入計画段階・設計段階・運営・保守で参照とすべきガイドライン・資料等を紹介し、造成・排水計画等において、具体的に参考としてほしい箇所についても明記している。「太陽光発電システムの健全な普及に向けて、参考にしてほしい」と呼びかけた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.