> > 長崎大学と京セラ、海を「見える化」するスマートブイ開発

長崎大学と京セラ、海を「見える化」するスマートブイ開発

エナジーハーベスト型スマートブイ。(左から)SLTT(Small Lens type Tidal Turbines)、VTT(Vertical axis Tidal Turbines)(出所:長崎大学)

長崎大学(長崎県長崎市)と京セラ(大阪府大阪市)は7月14日、長崎大学の潮流発電技術と京セラのIoT関連技術を融合し、安定した海洋データの収集を目的とした「エナジーハーベスト型スマートブイ」を開発したと発表した。

同スマートブイは、データ収集に必要な電力を、ブイに搭載した潮流発電システムで賄うもの。発電した電力は内蔵の京セラ製IoT端末「GPSマルチユニット」と接続されたセンサーに供給する。今回、試作機による実海域試験に成功した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.