> > NEDO、燃料電池研究開発事業に24テーマ採択 建機・ドローン等で活用へ

NEDO、燃料電池研究開発事業に24テーマ採択 建機・ドローン等で活用へ

同事業の展開イメージ(出所:NEDO)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は7月15日、燃料電池の飛躍的な普及拡大に向けて共通課題の解決を目指す研究開発事業において、新たに24件のテーマを採択したと発表した。

2020年度から実施中のテーマを踏まえて、今後さらに補強すべき分野として、触媒や電解質膜と並ぶ重要な部材であるセパレータの表面処理技術開発や、ガス拡散層(GDL)に関する研究開発などの先端的なテーマを採択した。また、燃料電池を多様な用途へ展開し普及拡大を図るため、従来の燃料電池車(FCV)や定置型燃料電池以外の用途として、農機や建機、港湾荷役機器、ドローンなどへの燃料電池の活用にも取り組む。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.