> > 長野県、既存住宅に太陽光+蓄電池で20万円 「屋根ソーラー」拡大へ補助金

長野県、既存住宅に太陽光+蓄電池で20万円 「屋根ソーラー」拡大へ補助金

画像はイメージです

長野県は7月16日より、居住する既存住宅に太陽光発電設備と蓄電池を新たに設置する県民を対象とした、補助制度を創設し、申し込みの受付を開始した。太陽光発電設備と蓄電池を設置する場合で1件あたり定額20万円、蓄電池のみ設置する場合で同15万円。

対象となる太陽光発電設備は10kW未満で、発電した電気の一部または全部を補助対象者の居住する住宅で自家消費することが要件となる。蓄電池は蓄電容量が4kW時以上であり、国が行うZEH化等支援事業の対象製品であること、また、蓄電池のみを導入する場合は既に設置している太陽光発電設備と組み合わせて使用することが要件となる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 57 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.