> > 川崎重工、韓国・韓一現代セメント排熱発電設備を受注

川崎重工、韓国・韓一現代セメント排熱発電設備を受注

納入予定のセメント工場(出所:川崎重工業)

川崎重工業(東京都港区)は7月20日、韓国の韓一現代セメントの寧越工場(江原道寧越郡)向けにセメント排熱発電設備を受注したと発表した。引き渡しは2022年12月予定。

今回、同社が受注した設備は、セメント排熱回収ボイラ、復水式蒸気タービン、発電機などで構成され、セメント製造の焼成工程において発生する排ガスの熱を回収して高効率な発電を行う。出力は約22.6MW、日産5,800トン(セメント製造設備2系列に設置)。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.