> > 商船三井ら、カーボンリサイクルメタンは「船舶のゼロエミ燃料になりうる」

商船三井ら、カーボンリサイクルメタンは「船舶のゼロエミ燃料になりうる」

クリックで拡大します
「CCR研究会 船舶カーボンリサイクルWG」参加9社の役割(出所:日揮ホールディングス)

「CCR研究会 船舶カーボンリサイクルWG」(幹事会社:商船三井、日本海事協会)は7月19日、メタネーション技術によって製造された「カーボンリサイクルメタン」が、船舶のゼロエミッション燃料となりうることを確認したと発表した。

メタネーション技術とは、触媒を充填した反応容器内で水素とCO2を反応させ、天然ガスの主成分であるメタンを合成するもの。産業施設などから排出されたCO2を利用する。WGが行った評価の結果、メタネーションによるカーボンリサイクルメタン燃料の単位熱量当たりCO2排出量は、約27-gCO2/MJとなった(Well to Propellerに相当)。

この数値は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 83 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.