> > Jパワーら、尼国でCCS実証プロジェクト事業化へ 調査開始

Jパワーら、尼国でCCS実証プロジェクト事業化へ 調査開始

Joint Study Agreement(共同スタディ契約)に係るリモート調印式の様子(出所:Jパワー)

電源開発(Jパワー/東京都中央区)は7月19日、日揮ホールディングス(神奈川県横浜市)のグループ会社らと、インドネシアのグンディ(Gundih) ガス田における、CCS(CO2回収・貯留)実証プロジェクトの事業化調査を開始すると発表した。2022年2月末に調査結果をまとめる計画。その後、実証設備の基本設計・建設を経て、2025年を目途にCO2の圧入、モニタリングを開始することを想定している。

同事業では、インドネシア中部のジャワ州に位置するグンディガス田において、天然ガスの生産過程で分離されたCO2を近郊の圧入井までパイプライン輸送して、地下に圧入・貯留するCCS実証プロジェクトの実現に向けた事業化調査を実施する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.