> > 福岡県、トヨタのFCトラックで輸送実証 市販化・普及も後押し

福岡県、トヨタのFCトラックで輸送実証 市販化・普及も後押し

(出所:福岡県)

福岡県は7月21日、トヨタ自動車から市販化前の燃料電池(FC)トラックを1台借り受け、福岡県トラック協会と連携し、県内の全水素ステーションを活用した輸送実証を行うと発表した。実証期間は8月~12月を予定。実証で得た参加企業の声はトヨタ自動車に共有し、FCトラックの市販化を後押しするとともに、同トラックの導入メリットやCO2削減量等のデータを運送事業者に周知し、市販化後の速やかな普及を目指す。

実証では、県トラック協会会員の4事業者(久留米運送、戸畑物流、福岡運輸、福岡食品サービス)が、実際の業務にFCトラックを活用し、パン・弁当などのチルド製品や日用品、建材等の雑貨を運搬する。利便性の高い輸送ルートや製品の品質管理の実用性、運転の快適性などについて検証するとともに、CO2削減量や燃費データを取得する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 54 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.