> > ダイニチ工業、カセットボンベで走る「熱電発電」の自律ロボット開発

ダイニチ工業、カセットボンベで走る「熱電発電」の自律ロボット開発

熱発電システムを用いた自律ロボット(出所:ダイニチ工業)

ダイニチ工業(新潟県新潟市)は7月26日、カセットボンベを燃料とした「熱電発電システムを用いた自律ロボット」を開発し、福島県双葉郡大熊町で実地走行テストを行ったと発表した。1.8kmの道路をおよそ1時間20分かけて自走した。システムの発電量は、可搬型としては日本最高レベルの70Wを達成したという。

東京大学、産業技術総合研究所、KELK(神奈川県平塚市)と共同して研究開発を進めてきたもの。触媒燃焼を用いた高効率熱電発電システムによって発電した電力を用いて自律ロボットを走行させる。ダイニチ工業の調べによると、熱電発電システムを用いて自律ロボットを駆動する技術は日本初。また、リチウムイオンバッテリーを搭載したロボットと比較すると、同じ時間駆動させる場合、必要となるカセットボンベの質量はリチウムイオンバッテリーの2分の1だという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.