> > 東芝ESS、低圧VPPプラットフォーム提供開始 家庭用蓄電池等を活用

東芝ESS、低圧VPPプラットフォーム提供開始 家庭用蓄電池等を活用

サービスモデルのイメージ(出所:東芝エネルギーシステムズ)

東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)は7月26日、小売電気事業者向けに、太陽光発電システムなどを保有する一般家庭の蓄電池などを制御する「低圧VPP(バーチャルパワープラント)プラットフォーム」のサービスの提供を開始した。

小売電気事業者では、太陽光発電システムのある一般家庭(低圧需要家)において日中の余剰電力を蓄電池に充電し、電力取引市場での価格が高くなる夕方以降の時間帯に放電するなど、適切な制御を行うことによって収益性を改善させるニーズが高まっている。「低圧VPPプラットフォーム」サービスは、このニーズに対応するもので、一般家庭内のエネルギーリソースである、太陽光発電システム、蓄電池、EVを適切に制御する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.