> > 経産省、カーボンリサイクル工程表を改訂 DAC・合成燃料を追記

経産省、カーボンリサイクル工程表を改訂 DAC・合成燃料を追記

(出所:カーボンリサイクル技術ロードマップ)

経済産業省は7月26日、CO2を燃料や原料として利用する「カーボンリサイクル」技術の開発の進展・加速を踏まえ、「カーボンリサイクル技術ロードマップ」を改訂し公表した。今回の改訂では、進展のあった新たな技術分野(DAC、合成燃料)を新たに追記したほか、カーボンリサイクル製品(汎用品)の普及開始時期を従来の2050年頃から2040年頃に前倒しした。

カーボンリサイクルはCO2を資源として捉え、分離・回収し、コンクリート・化学品・燃料など多様な製品として再利用するとともに、大気中へのCO2排出を抑制する技術。脱炭素化に向けて、省エネルギー、再生可能エネルギー、CCS(CO2回収・貯留)などとともに鍵となる取り組みの一つとされている。

改定では、DAC(大気中からCO2を直接回収する技術)や合成燃料(CO2と水素を合成して製造されるカーボンフリーな脱炭素燃料)に

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.