> > 住友ゴム工業、タイヤ工場で水素活用 製造時CO2ゼロモデル構築へ実証実験

住友ゴム工業、タイヤ工場で水素活用 製造時CO2ゼロモデル構築へ実証実験

白河工場(出所:住友ゴム工業)

住友ゴム工業(兵庫県神戸市)は8月から、主力タイヤ工場の白河工場(福島県白河市)で水素活用に向けた実証実験を開始する。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業の採択を受けて実施するもので、タイヤ製造における将来の脱炭素化の検討と、福島県内陸部における水素エネルギーの地産地消モデルの確立を図る。

この実証実験は、タイヤの製造工程のうち、成型したタイヤの原型を金型に入れて加熱・加圧し、化学反応をおこして弾力のあるタイヤに仕上げる「加硫」にて行う。水素ボイラーを導入した際の課題となるNOx排出量のコントロールをはじめとした24時間連続運転における課題の抽出と解消を行い、将来的な生産エネルギーの水素転換による有効性評価を行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 66 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.