風力発電所の環境アセス、第一種「5万kW以上」に引き上げ 10月末に施行

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

政府は、環境影響評価法の対象となる風力発電所に係る規模要件について、一種事業は現行の1万kW以上から「5万kW以上」に引き上げる。第二種事業は、現行の7,500kW以上1万kW未満から「3万7,500kW以上5万kW未満」に引き上げる。2021年10月31日に施行する。

また、円滑な制度移行のため、条例による適切な手当が講じられるまでの間、2022年9月30日(改正公布日から約1年間)までの間を移行期間とし、所要の経過措置を講じる。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報