商船三井、豪州でグリーンアンモニア供給網構築へ 豪エネルギー大手と検討

  • 印刷
  • 共有

商船三井(東京都港区)は8月11日、豪州のエネルギー大手のオリジン・エナジーと、豪州における再生可能エネルギー由来のアンモニア(グリーンアンモニア)のサプライチェーン構築について共同検討を行うための覚書を締結したと発表した。

オリジン・エナジーは、複数のグリーンアンモニア・水素プロジェクトの検討を進めている。このうち、2026年の輸出開始を目指しているタスマニア州ベルベイにおけるグリーンアンモニア輸出プロジェクトでは、320万ドルを投資しフィージビリティ・スタディ(実現可能性調査)に取り組んでいる。商船三井とオリジン・エナジーは、2021年12月までを目途として、グリーンアンモニアの海上輸送手段や、日本やアジアにおける需要について調査を行い、サプライチェーン構築における課題を共同で検討していく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報