> > ENEOSの水素ステーションに水電解装置を納入 CO2フリー水素製造

ENEOSの水素ステーションに水電解装置を納入 CO2フリー水素製造

納入設備(出所:神鋼環境ソリューション)

神鋼環境ソリューション(兵庫県神戸市)は8月25日、トキコシステムソリューションズ(神奈川県川崎市)を通じてENEOS(東京都千代田区)の「横浜旭水素ステーション」に水電解式水素発生装置「HHOG」を納入したと発表した。

今回納入した「水電解式高純度水素発生装置」(HHOG)は、ステーション内に設置した太陽光パネルで発電した電気と系統から受電した再エネ電力(ENEOS CO2フリー電力メニュー、グループのFIT電気+トラッキング付き非化石証書を活用)を利用してCO2フリー水素を製造する。また水素ステーション内に設置した水電解装置で製造したCO2フリー水素の供給は商用では国内初となる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 57 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.