> > 太陽熱で木質チップを乾燥 北海道の使用済み紙おむつ燃料化施設で採用

太陽熱で木質チップを乾燥 北海道の使用済み紙おむつ燃料化施設で採用

施設外観(北側)及び木質チップ充填状況(試運転時)(出所:日比谷アメニス)

日比谷アメニス(東京都港区)は9月7日、北海道天塩郡幌延町に、太陽熱を利用して木質チップを乾燥させる設備を竣工したと発表した。極東開発工業(兵庫県西宮市)が建設を完了した使用済み紙おむつ燃料化施設「西天北サーマルリサイクルファクトリー」(運営:西天北五町衛生施設組合)で採用された。

西天北サーマルリサイクルファクトリーは、2021年3月に竣工。これまで廃棄されていた使用済み紙おむつと、剪定枝などの木質バイオマスをエネルギー利用するためにペレット状の混合燃料を製造する施設。製造した燃料は地域の老人ホームで燃焼して給湯熱源に利用し、エネルギーの地産地消を推進する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 43 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.