第一生命、アジア開発銀行が発行するブルーボンドに投資

  • 印刷
  • 共有
 クリックで拡大します
これまでの国際開発金融機関発行のSDGs債への投資事例(出所:第一生命保険)
クリックで拡大します これまでの国際開発金融機関発行のSDGs債への投資事例(出所:第一生命保険)

第一生命保険(東京都千代田区)は9月10日、アジア開発銀行(ADB)が発行するブルーボンドに約165億円投資したと発表した。ADBがブルーボンド発行するのは、今回が初。

ブルーボンドは、資金使途を海洋環境の改善に関連するプロジェクトに限定して発行される債券。調達された資金は今後、海洋生態系の保全・回復やブルー経済の持続可能な発展を支援するADBの取り組みに供給される計画で、同社は同債券への投資を通じ、アジア・太平洋地域における海洋環境の改善に向けて資金面からサポートする。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報