> > 九電工、日本環境設計に出資 ケミカルリサイクル工場のCO2排出削減へ連携

九電工、日本環境設計に出資 ケミカルリサイクル工場のCO2排出削減へ連携

日本環境設計(JEPLAN/神奈川県川崎市)は9月10日、九電工(福岡県福岡市)に対し、第三者割当増資を実施したと発表した。JEPLANは同増資資金により、独自のケミカルリサイクル技術「BRING Technology(™)」を用いた設備について、九電工の持つ再生可能エネルギー技術や省エネ等のノウハウの活用を通じたさらなるCO2排出削減に向けた取り組みを進める。

JEPLANはペットボトルやポリエステルに代表されるPET(ポリエチレンテレフタレート)を化学的に分解し、不純物を除去した上で、再結合させることにより石油由来と同等品質の再生PETを作るケミカルリサイクル技術「BRING Technology™」を開発。衣料品に含まれるポリエステルを再生することで「服から服をつくる」ことを実現させ、自社ブランド「BRING」ではサステナブルアパレルの製造・販売も展開している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 57 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.