> > トクヤマとパナ、副生水素を用いた純水素型燃料電池で実証 6台を連携制御 

トクヤマとパナ、副生水素を用いた純水素型燃料電池で実証 6台を連携制御 

実証機の外観(出所:トクヤマ)

トクヤマ(東京都千代田区)とパナソニック(大阪府門真市)は9月14日、トクヤマの徳山製造所(山口県周南市)において、苛性ソーダの製造工程で副次的に発生する副生水素を用いた純水素型燃料電池の実証を開始したと発表した。実証期間は2023年3月までを予定している。

今回徳山製造所内に、パナソニックが開発する6台の純水素型燃料電池を1つのユニットに収めたシステムで構成される実証機を設置した。パナソニックによると、定置用燃料電池システムにおいて、純水素型燃料電池の6台連携制御の実証は国内で初めて。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.