> > 日本郵船、英石油大手と脱炭素推進で提携 アンモニア・水素等船舶用燃料開発

日本郵船、英石油大手と脱炭素推進で提携 アンモニア・水素等船舶用燃料開発

LNG燃料自動車専用船のイメージ(出所:日本郵船)

日本郵船(東京都千代田区)は9月15日、英石油大手のbpと脱炭素をさらに推進するための戦略的パートナーシップを締結したと発表した。両社は今後、従来の船舶用燃料から液化天然ガス(LNG)、バイオ燃料、メタノールなどの代替燃料への移行や、アンモニアや水素などの将来的なゼロエミッションの船舶用燃料の開発で協力していく。

こうした取り組みにより、海運業界の長期的な脱炭素に関する目標の達成に寄与する。また、脱炭素化が難しい他業界について、CO2の海上輸送やその他のソリューションを提供することによって支援を行い、重工業や発電で使用されるアンモニアと水素のサプライチェーンへの参画も模索していく。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 75 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.