> > 北ガス、稚内市において同社初となる風力発電(2.3M)の取得・運用

北ガス、稚内市において同社初となる風力発電(2.3M)の取得・運用

稚内風力発電所(出所:北海道ガス)

北海道ガス(札幌市)は10月1日、稚内市において稼働済み風力発電設備「稚内風力発電所(発電出力:2.3MW)」を取得したと発表した。同社が風力発電設備を取得・運用するのは、今回が初。今後は同発電設備を長期安定的に維持・運用することで、非化石価値のある電力の地域活用を進め、低炭素化・脱炭素化に向けた取り組みをさらに加速させる。

同社はこれまで、20万8千件の電気を支える電源として、「北ガス石狩発電所」や「北ガス札幌発電所」「ソーラーファーム石狩」などの自社電源に加え、ガスマイホーム発電「コレモ」や、固定価格買取(FIT)期間満了後の家庭用太陽光発電の余剰電力の買い取りなど、環境性・経済性に優れた分散型エネルギーの供給体制を整備してきた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 30 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.