東邦レオ、樹木のCO2吸収効果を数値化する生態評価システムを開発

  • 印刷
  • 共有
U-GREENの使用画面(出所:東邦レオ)
U-GREENの使用画面(出所:東邦レオ)

グリーンインフラ技術の開発を手がける東邦レオ(大阪府大阪市)は10月4日、樹木が持つCO2の吸収効果を数値化することで、カーボンニュートラルの実現や都市環境問題の対策に向けて有効活用するための、みどり生態系サービス評価システムの提供を開始すると発表した。

同社が開発した評価システムの正式名称は、『U-GREEN(ユーグリーン)』。同システムは、個々の樹木における炭素貯蔵、二酸化炭素の吸収(固定)、大気汚染物質の吸着、雨水の流出削減などの都市環境の改善効果を数値化できるほか、街づくりにおける緑化計画がどのような環境価値を生み出すのかについてシミュレーションできる機能が搭載されている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報